保育料無償化、給食費はどうなる?

こんにちは!hoiCo.運営事務局です。

本年も押し詰まってまいりましたが、皆様いかがお過ごしですか。

今回は2019年10月から始まる保育料無償化の給食費についてです。

以前より保育料無償化に伴って、給食費も無料実費徴収にするのか、

問題視されていました。

といいますのも、給食費について幼稚園は全て実費徴収ですが、

保育園は0~2歳は全額、3~5歳は副食費(おかず)が保育料に組み込まれていました。

そのため、保育料無償化が施行された場合、幼稚園と保育園とで、

費用負担に不公平さがでてしまうのではないかと考えれらていました。

そこで先日、内閣府が新たに方針を発表し、

保育園の給食費は無償化の対象外とすることを示しました。

(※0~2歳児の住民税非課税世帯を除く)

これによって、幼稚園と保育園それぞれの保護者負担の不公平感がなくなりますね。

保育料無償化に伴って、

全国的に新たな保育ニーズが掘り起こされるのではないかと思います。

hoiCo.運営事務局では、今後も保育無償化に関するニュースを追っていきたいと思います。